大脳皮質基底核変性症(CBS)を疑ったら

 CBS(大脳皮質基底核変性症)は、大脳皮質・基底核から周囲にダメージが波及する神経難病で、片方の上下肢の不使用、半側空間無視などが特徴です。

 

 神経難病などと言うと何やら専門的で素人が診断できる訳がない…と思われるかもしれませんが、できるだけ家族に「もしや…?」と気づいて頂きたい理由があります。
 よくわからないけれど認知症だから…と安易にドネペジルなどの中核症状改善薬を開始してしまうと、急速に体の動きが悪くなり、活動性が一気に低下してしまうためです。

 

CBSへの対策

重要)中核症状改善薬(コリンエステラーゼ阻害薬)は使わない。

 

陽性症状に対して:トラゾドン(デジレル)
         フェルガードF(ガーデンアンゼリカが含まれていないもの)

 

 残念ながら、CBSに有効と言われている薬剤はありません。
認知症症状も、脱抑制と言われる陽性症状(大声を出したり、不穏になる)がそれなりに強い上に、抑制剤を使おうとすると体が傾いて(体感傾斜)歩行困難になるなど、治療には難渋することが多いです。最終的には介護施設でも対応が難しく、精神科病院に紹介となった方の経験があります。
効果がある可能性があるサプリメントとして、フェルガードF (ガーデンアンゼリカが含まれていないもの)は使ってみる価値があると思います。