まずは棚卸からスタート

 糖質制限の第一歩は、「糖質の害を疑う」でした。
 糖質を過剰に摂るということは、高インスリン血症を介して動脈硬化やがん、認知症などのあらゆる疾患のリスクを高めます。後半人生を笑って過ごすために、一つ一つステップを踏んでいきましょう。

 

 さて今回からは、あなた自身の食べている物の棚卸です。
 あなたがここ数日間で朝から晩まで食べている物を、客観的に振り返ってみましょう。デジカメで片っ端から記録してみるのもいいですね。

 

 そしてそれぞれが、3つのエネルギーのどこに分類されるのかを考えてみます。
●糖質
 米・パン・麺類・粉もの・春雨
 菓子・果物
 イモ類・根菜類
●タンパク質
 肉・魚・大豆・チーズ
●脂質
 肉や魚の脂・油・バター

 

 手をかけずに簡単に食べられる物ほど、糖質率が高くなる傾向にあります。
「野菜をしっかり摂っているつもりでカボチャの煮つけを食べたり、ポテトサラダを食べてて、糖質ばっかりだった!」
「焼きそばパンとラーメンとか、糖質以外の要素が全くない…」
などの気づきがあればよいですね。

 

まずは棚卸からスタートまずは棚卸からスタート
魅惑のダブル糖質シリーズ…。

 

更に1歩進んで、毎日なにげなく摂っている糖質が、角砂糖何個分か?と考えてみるのも意識改革にお勧めです。うわー…とどん引きすること間違いなしです。
Sugarstacks
食べ物⇒角砂糖 置き換えリスト
バーコードを読み込むだけで飲み物の糖分を教えてくれる「サトウさん」も。